腰痛・椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、頚椎、胸椎、腰椎のどこにでも発生します。
下部腰椎の腰椎4番と腰椎5番に発生するものが多いです。
L4とL5のヘルニアなどと聞いた事があるでしょうが、頚椎をcervicalのC、胸椎をthoracicのTh、腰椎をlumbarのLと表現します。

椎間板ヘルニアというと、腰部のものをさすことが一般には圧倒的に多いです。
頚椎椎間板ヘルニアは肩こりや首周辺の痛みの原因だけでなく、進行すると四肢不全麻痺を引き起こす場合があります。
胸椎椎間板ヘルニアは両下肢麻痺を引き起こす場合もあります。
腰椎椎間板ヘルニアは、神経根の刺激症状を、時に馬尾神経麻痺を引き起こします。

腰部のヘルニアは、腰痛症と坐骨神経痛の原因疾患としての頻度が高く、若者からご高齢者にいたるまで広く発症する疾患です。
その診断は、神経学的所見のほかに徒手検査法の下肢伸展挙上試験(ラゼーグテストLasgue test、SLR(straight leg raising)test)が陽性であることから診断されます。
画像診断はレントゲンでは、骨はX線に映りますが、椎間円板の中から飛び出している髄核は映りません。
最近はMRI検査により診断が容易になり、飛び出している髄核も確認できるようになりました。
その反面、無症候性の腰部のヘルニアも多く発見されるようになったため、新しいガイドラインが決められるようになるようです。
まずは、検査をする為の医療機器が揃っている、医療機関で診察をしてください。

世田谷指圧治療院てのひらでは

椎間板ヘルニアにたいしての治療は、髄核が飛び出してしまうほど極度に負担がかかってしまう、体のゆがみを引き起こしている筋肉を指圧で緩めていきます。

また、ヘルニアとして飛び出している髄核は、体内では異物として処理されていきますが、指圧により自然治癒力を高め、異物処理、体内の吸収を早めるように血液循環を高める治療を行っていきます。