指圧療法の歴史


日本指圧専門学校創立者
浪越徳治郎先生

指圧とは読んで字のごとくで、手、指を用いて人体の外表に圧を加え、体調を整える治療法であります。

その起源は「手当て」であり、痛みを感じると人は自然にそこに手が届き、自ら痛みを和らげようとします。おそらく人類が地球上に生存しはじめた時から、本能的に行われる医療の原点と言えるでしょう。

日本古来から神話の伝説として、大国主神と少彦名神が医術の祖として伝えられています。

古事記の中に
「少彦名神の苦手にいて、なでれば落ちる毒の虫、押せばなくなる病の血潮」と、古来より手当ての治療法があったことが伝えられ、子々孫々と伝えられて来ました。

戦後日本、医療の混乱を避けるため多くの民間療法が禁止される中で、浪越徳治郎が確立し体系化した「指圧」は正式な治療技術として認められ、指圧師という国家資格として現在に至っています。